MENU

アイシールド21の作者は死亡した?噂が出た理由は?打ち切りはなぜか続編についても調査

「アイシールド21」はアメリカンフットボールを題材とした少年漫画で、アニメ化もされた人気作です。

累計部数はなんと2600万部を突破しているのだとか。

そんな人気作の「アイシールド21」ですが、作者死亡説が浮上しているのだそうです。

今回は「アイシールド21」について、作者死亡説の真偽、打ち切りや続編についても調査しています。

「アイシールド21」を知っている方も知らない方も、良ければ読んでいってください。

目次

アイシールド21の作者は死亡したの?

結論から言いますと、「アイシールド21」の原作、作画担当どちらも亡くなっておらず、ご存命です。

アイシールド21の原作者 稲垣理一郎は死亡した?

「アイシールド21」の原作者である稲垣理一郎先生は、ほかにも数々の人気漫画の原作を手掛けていらっしゃいますよね。

現在では「ビッグコミックスペリオール」にて連載中の、「トリリオンゲーム」の原作を担当されていらっしゃいます。

稲垣理一郎先生はSNSの更新も頻繁にされていらっしゃいます。

アイシールド21の作画 村田雄介は死亡した?

「アイシールド21」の作画担当である村田雄介先生は、現在は「となりのヤングジャンプ」にて「ワンパンマン」を連載中です。

2024年1月1日には、アニメ制作スタジオの立ち上げも発表されています。

村田雄介先生もXで発信されていますので、動向がよくわかりますよ。

アイシールド21の作者死亡の噂が出た理由は

作者死亡の噂が出た理由は不明です。

考えられる理由として強いてあげるとするなら、「アイシールド21」のアニメが途中になっていることでしょうか。

「アイシールド21」のアニメは2005年から2008年まで放送されました。

内容としては関東大会準決勝・王城ホワイトナイツ戦までで、アニメ終了時点で原作漫画はクリスマスボウル決勝戦が描かれていました。

つまり最後までアニメ化されておらず、途中で終わっているのです。

アニメが途中で終わったことを、作者死亡のため続けられなかったのでは…と勘違いした視聴者の方がいたのかもしれません。

アイシールド21は打ち切りだったの?

「アイシールド21」は打ち切りではありません

「アイシールド21」は第333話で最終回を迎えています。

アメフトでは、3回目の攻撃までに10ヤード進むことができなければ、相手に攻撃の権利が移ってしまいます。

3回目の攻撃までに10ヤード進むことができれば、さらに3回続けて攻撃することができるようになります。

以上のことから、3というのはアメフトにとって特別な意味がある数字なんですよね。

そのため、作者は3という数字にこだわりを持ち、最初から333話で終わらせる予定で連載をしていたのです。

アイシールド21の最終回は?

最終回の内容は以下のようになっていました。

以下、ネタバレ注意です。

ワールドユースカップのアメリカ戦は引き分けという結果になります。

表彰式が始まろうとする中、引き分けに納得できない両チームは勝手に延長戦をはじめてしまいます。

結果に関しては、おそらくアメリカ勝利で終わったようです。

2年後、セナ達はそれぞれ大学へ進学し、今度はライスボウルを目指すのでした。

アイシールド21の続編は?

2024年1月29日発売の少年ジャンプに、特別読み切りとして「BRAIN×BRAVE」が掲載されました。

大学に戦場を移したセナ達の奮闘が描かれています。

連載が終了したのは2009年ですが時代背景は現代となっており、NFLでも使用されている“RFIDチップ”やAI解析など、現代の技術が取り入れられた物語となっています。

「少年ジャンプ+」のサイトで無料公開中ですよ。

私がおススメする「アイシールド21」が読める配信サイト

「アイシールド21」を読むのなら、まんが王国をおすすめします。

毎日最大50%のポイント還元、毎日更新される対象作品に使える30%オフクーポンなど、まんが王国にはお得な要素がたくさんあるんです。

更に、「お得爆発DAY」というキャンペーンが不定期に開催されるのですが、この際にはなんと還元率が最大で80%

とってもお得に漫画が読めておすすめですよ。

アイシールド21 まんが王国
引用元:まんが王国

\ 最大50%ポイント還元でお得に読める! /

「アイシールド21」を読める漫画配信サイト一覧

「アイシールド21」は以下の配信サイトで読むことができます。

配信サイト配信状況サイト
1冊70%OFF
読む
6回70%OFF
読む
1冊300円OFF
読む
最大50%pt還元
読む
初回50%OFF
読む
600p付与
読む
1冊90%OFF
読む
※2024年5月現在
詳細は公式サイトをご覧ください

アイシールド21作者死亡を調べている人によくある質問

アイシールド21の作者は誰ですか?

原作は稲垣理一郎先生、作画は村田雄介先生です。

ドクターストーンは誰が考えましたか?

「ドクターストーン」の原作も「アイシールド21」と同じ稲垣理一郎先生です。

アイシールド21の悪役は誰ですか?

代表的なライバルは金剛阿含です。

アイシールド21は再開されるのか?

連載21周年を記念して2024年1月に読み切りで復活しています。

まとめ

今回は、「アイシールド21」について作者死亡の噂などいろいろと調査しました。

「アイシールド21」の原作者である稲垣理一郎先生、作画担当である村田雄介先生ともにご存命です。

「アイシールド21」の漫画は打ち切りではなく、こだわりの333話で完結し、2024年1月には21年ぶりに続編となる「BRAIN×BRAVE」が特別読み切りとして公開されました。

21年ぶりに続編が掲載されるという事実が、「アイシールド21」の根強い人気を物語っていますよね。

アニメについても続編やリメイクへの期待が高まっています。

未読の方、この機会に一度読んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次