MENU

ドクターストーンが3期で打ち切り?4期はいつから?最終回がひどいという噂も考察

「ドクターストーン」は、週刊少年ジャンプで連載されていた科学をテーマにしたバトル漫画です。

その人気は、累計発行部数が1400万部を突破していることからもうかがえます。

2023年にはテレビアニメ第3期が2クールで放送されましたので、記憶に新しいという方も多いのではないでしょうか。

今回はこの「ドクターストーン」について、3期及び4期について、また最終回がひどいという噂についても調査してみました。

ネタバレを含みますので、先入観なしに物語を楽しみたいという方はくれぐれもご注意ください。

目次

ドクターストーンが3期で打ち切りは本当?

「ドクターストーン」は打ち切りだったという噂があるようですが、事実ではないようです。

ジャンプでの順位も高く、また累計発行部数が1400万部を超えていること、アニメ化も複数回行われていることから人気の高い作品であるとわかりますので、そもそも打ち切りにする理由がないのです。

では、どうして打ち切りの噂が出たのでしょうか。

終盤以降は駆け足気味で物語が進められていました。

千空達は空母を作ることになったのですが、これまでであれば制作過程の描写があったところを、ここでは全てカットされていたのです。

そのため、物語を無理やり詰め込もうとしている印象を受けた読者がいたため、打ち切りが疑われたようです。

また、黒幕である「ホワイマン」の誕生についてなど、回収されていない伏線が残ったままとなっていることも原因となっていると思われます。

「ドクターストーン」の物語の主な目的としては、「石化の謎を解くこと」、「人類の文明を再建させること」の2つがありました。

この2つの目的は達成されていますので、完結したとしてもおかしくはありません。

ですが、「タイムマシンを完成させて全人類を救うところまで描いてほしかった」という意見も一部ではあり、中途半端と感じた読者もいたようですね。

ちなみに、「ドクターストーン」はジャンプ2017年14号から連載が始まり、2022年14号で完結しています。

作品タイトルとかけたと思われる14(イシ)号にもこだわりがあったとするなら、やはり打ち切りとは考えにくいですよね。

ドクターストーンの3期は何話まで?

「ドクターストーン」アニメ3期は、原作漫画16巻142話までの部分が映像化されています。

ですので、アニメの続きから読みたい!という方は、17巻143話から読むと良いですよ。

ドクターストーンの4期はいつから?

「ドクターストーン」4期の放送時期については、明らかになっていません

4期の制作については公式からの発表がありましたので、確実ですよね。

続報を待つことにしましょう。

ドクターストーンの最終回はひどい?

最終回はどんな内容?

最終回では月面にて、ホワイマンの正体が石化装置そのものであり、機械の寄生生物であることが明らかとなりました。

千空は石化装置に目をつけ、とんでもクラフトの可能性について語り、交渉します。

大多数のホワイマンは実現可能性が限りなく0に近いその計画に乗ることなく他の星へ移っていきますが、1体のホワイマンだけはその可能性に賭け、地球に残ることを了承します。

無事に地球に帰還した千空は、世界中から集まった科学者たちと石化装置の解析を行い、過去に戻って石化した人類70億人を救うという巨大プロジェクトのため、タイムマシンの開発を始めるのでした。

ひどい理由① 伏線が回収されていない

特に、ホワイマンについての謎が残ったままだったことがすっきりしないと感じたファンがいたようです。

正体こそ宇宙のかなたからやってきた機械の寄生生物であると明らかになりましたが、ではホワイマンはどのように誕生したのかなど、気になる部分を残したまま終わってしまいました。

ひどい理由② 展開が早すぎた

打ち切りの噂についての項でもご説明したのですが、終盤以降、アメリカ編からの展開が駆け足になっています。

「ドクターストーン」と言えば、千空の実験シーンが見どころのひとつであり、サイエンスライターが科学監修を担当しているほど力を入れている要素と言えるのですが、アメリカ編からは実験段階がカットされるようになってしまったんです。

そのため、重要な要素をカットしてしまったこと、最終回までの展開が早すぎたことなどが残念だったと感じる読者が多かったのではないでしょうか。

ひどい理由③ 終わり方が予想と違う

最終回では、千空がタイムマシンの開発を進めている段階で終わっています。

これがすっきりせず、どうせならタイムマシンが完成して人類が救われるところまで続けてほしかったという意見があるようです。

続編について

上記でご説明したような様々な意見があったためかどうかはわかりませんが、2023年には続編が全3話で掲載されています。

そして単行本27巻として、2024年4月4日に発売されていますよ。

私がおススメする「ドクターストーン」が読める配信サイト

「ドクターストーン」を原作、アニメ余すところなく楽しめるのは、なんと言ってもU-NEXTです。

U-NEXTなら、アニメの1期から3期まで、さらにテレビスペシャル版も見放題で視聴できます。

漫画を読むのにはポイントが必要になってしまうのですが、毎月還元される1200円分のポイントを漫画の購入に充てることで、追加料金なしで漫画を読むことが可能なんです。

ドクターストーン U-NEXT
引用元:U-NEXT

\ 600pt分無料で読める! /

「ドクターストーン」を読める漫画配信サイト一覧

「ドクターストーン」は以下のサイトで配信しています。

それぞれに違った特色を持っていますので、一度チェックしてみてくださいね。

配信サイト配信状況サイト
1冊70%OFF
読む
6回70%OFF
読む
1冊300円OFF
読む
最大50%pt還元
読む
初回50%OFF
読む
600p付与
読む
1冊90%OFF
読む
※2024年5月現在
詳細は公式サイトをご覧ください

ドクターストーン3期打ち切りを調べている人によくある質問

ドクターストーン アニメ 3期 何話まで?

第3期は原作漫画16巻142話の内容までとなっています。

ドクターストーンは4期ありますか?

放送時期などは未定ですが、アニメ4期(ファイナルシーズン)となる「Dr.STONE SCIENCE FUTURE」の制作は決定していることが発表されています。

ドクターストーン3期の続きはいつから放送されますか?

4期についての放送時期等は未定です。

ドクターストーンはいつ完結しますか?

原作漫画は2022年3月に完結しています

まとめ

今回は「ドクターストーン」について、打ち切りの噂の真偽や4期について、また原作最終回の評価についてなど調査してみました。

打ち切りは事実ではありません

4期の制作は決定していますが、放送時期等については未発表です。

最終回では、駆け足展開や伏線の未回収などで酷いという意見があったようです。

アニメ4期はいよいよファイナルシーズンということで、期待が高まりますね。

4期に向けてぜひ原作漫画でおさらいをしてみてはいかがでしょうか。

各配信サイトでお得に読める方法がありますので、是非活用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次